人間関係が楽になった「時間」の考え方~アメリカ人、幼児、宮崎人

Stand.fmで配信中の「バイリンガルWorld」では
人間関係が楽になった「時間」の考え方を
をご紹介しています。

今日の英語

・Fill the time 時間を埋める、時間をつぶす
 American people tend to think about the time like this, “filling the time”
 アメリカ人は「時間を埋める/満たす」いう考え方をする

・Orientation (新しい考え方や環境に対する)適応、
       自分の置かれている状況(時間、場所、人間関係)への認識
 Young children have a completely different orientation to time and space.
 小さい子どもは大人は、時間と空間の認識の仕方が大人全くちがう

・Easy going のんびり
・Hasty / impatient  せっかち 

幼児との時間のとらえ方の違い~ ”You are your child’s first teacher” より

Young children have a completely different orientation to time and space.
They live in the present,
without adult perceptions of the past and future.
This is why they find waiting so hard
and don’t understand “ten minutes” or “three days”
when told they must wait that long.

”You are your child’s first teacher” By Rahima Baldwin 

幼児は、時空間のとらえ方が大人とは全く違います。
子どもたちは「今」を生きているのです。
大人のように過去や未来に対する認識はありません。
ですから、幼児は「10分」「3日」待たなければならないと
言われても理解することができないのです。
待てないのです。

最新情報をチェックしよう!